廃車について、いろいろな情報をご紹介!

廃車になった車はどうなる?

廃車になった車はどうなる? 廃車になったクルマはどうなるのでしょう。
一般的に廃車になったクルマはそのままスクラップになると考えている人が多いようですが、実際には必ずしもそうではありません。
永久抹消登録をすると日本国内ではもう二度と乗ることはできませんが、海外に輸出されれば再び乗ることができます。
つまり、海外に輸出して再利用するために、日本国内においては廃車にされるということが結構少なくないのです。
そのような輸出を専門に行っている買取業者も多数存在しています。
もちろん、スクラップにされる場合もあります。
スクラップにされると、鉄やアルミなどに分けられて、再利用されることになります。
現在のクルマはその多くの部分で再利用ができるような材料で作られているために、クルマとして価値がなくなっても、金属の原材料としての利用価値があるのです。
そのほかにも、部品取りとしてパーツごとに再利用されることも少なくありません。
たとえば、ドアをぶつけた際に中古のドアを修理できるのは、このような部品取りとなったクルマがあるからです。

廃車した車の行方

廃車にした車の行方はどうなるのでしょうか。
解体されてからは廃棄されるわけではなく、今後の自動車の製造に必要な部品として供給されていきます。
廃車後に解体された自動車の部品は点検整備され、中古部品として流通されます。
リユースパーツと言ったこれらの中古部品は、新品部品よりもかなりリーズナブルになります。
たとえばラジエーターなど、穴が開いて欠陥品になるにはかなりの時間がかかります。
そのため壊れにくい部品でもあり、廃車となる自動車の中でも再利用が可能な部品として需要が多いものとなっています。
車体まわりのパーツについてもバンパーやタイヤホイール、ボンネットなども再利用出来ます。
車体部分に使われている金属部分も、新しい自動車製造に役立つ資源として再利用されます。
事故車であっても金属部分は鋳造されリサイクルされたのち、有効活用されます。
そのため廃車にする予定の車であっても、買い取ってもらえることも可能であり、買取価格が付きます。

新着情報

◎2017/8/28

車の廃車のリサイクル料
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

放置車両の廃車は法律的にどうなる?
の情報を更新しました。

◎2017/1/4

廃車になった車はどうなる?
の情報を更新しました。

「廃車 処理」
に関連するツイート
Twitter

・不動車の廃車   不動車両の処理にはレッカー費用が必要なのか?#廃車 ag200.boy.jp/car/%e4%b8%8d%…

スティングレー完全に廃車処理してきた。 悲しいなぁ pic.twitter.com/xhq7WRT8r2

・訳有車の廃車   訳有車両の処理をしたい#廃車 ag200.boy.jp/car/%e8%a8%b3%…

返信先:@uc_busters ぶっちゃけこの程度で廃車なんてありえない。 ウチのサンバーの方が酷いくらいです。ゴム部品なんて安いですし交換すればいい話。フレームが穴だらけなら塞げばいいのです。大してお金はかかりません 素晴らしい車ならなぜ融雪剤の洗浄と防錆処理を定期的にしなかったのか。愛がないとしか言えないです

Twitteruzuramona🌻JP7OJL/JI1SYB@uzuramona

返信 リツイート 11:12

廃車依頼とは   廃車と車両処理の専門への依頼について#廃車 ag200.boy.jp/car/%e5%bb%83%…

返信先:@Sejima8810 俺警察官に言ったのにな。 廃車並の車2台atオイル エンジンオイル漏れてるので後処理してくださいねって 滑って事故するのでって言ったのに。 携帯したったかとか酒がどうちゃらとか疑うだけ疑ってこれかよ。

Twitterひさっしー ✳︎@yakyu35280

返信 リツイート 0:37

瀬島くん。流石鏡野住んでるだけありますね。 単独で猪引いた車が5台近くいて 2台廃車?かな?誰かが警察呼んで事故処理までした。 pic.twitter.com/IZUimS2fPF

Twitterひさっしー ✳︎@yakyu35280

返信 リツイート 0:13

不要自動車 処分の手引き#廃車 安心の廃車・車両処理 ag200.boy.jp/car/

とっくうき4ごうではありませんが ぼくがかんがえたのは 「怪獣災害で倒壊した建物の瓦礫や廃車の撤去作業を目的に作られた大型の簡易瓦礫処理施設に、特空機一号の下半身の予備パーツを使い局地的ながら移動しながらの瓦礫の撤去作業、他特空機の修理を可能とする設備を備え、いざ戦闘になった場合↓ pic.twitter.com/8DFFAqKurq

返信先:@10911091angler 私もかつて会社員だったので、分かるのですが、「上司に飲みに誘われた」から「上司の親が亡くなって、香典代を出すしかなかった」「事務の新入社員が廃車処理を忘れる→代理店が激怒→契約者宅へ自腹で手土産購入して、謝罪訪問」など、「出すしかない出費」というものがあるんですよね…。