廃車について、いろいろな情報をご紹介!

廃車と中古車販売業者

廃車の方法論 自動車を廃車にしたい場合、どのようなところに持ち込むべきかは状況によって違いますが、たとえばなじみの中古車販売業者があれば、そこで引き取ってもらうということも可能です。
もしも廃車となる自動車と引き換えに、新しい中古車を購入するということであれば、査定をした上で、その査定結果にみあった価格で引き取ってもらうことができますし、査定結果がゼロ、要するに自動車としてまったく価値がないと判断された場合であっても、中古車を購入することに対するサービスとして、特に手数料なども取られずに引き取ってもらえるものです。
しかし、中古車販売業者で購入なしに廃車の引き取りだけを要求する場合には、通常は一定の手数料をとられてしまいます。
このような場合には、中古車販売業者ではなく、廃車引き取り専門業者というのが別にありますので、こちらのほうに相談をして、査定をしてもらった上で引き取りを依頼するほうがよいこともあるのです。

軽自動車の廃車手続きの流れ

使わなくなったり、動かなくなった軽自動車を廃車にする際には、必要な手続きを行わなければいけません。
流れとしては、まず普通自動車の一時抹消登録にあたる自動車検査証返納届か普通自動車の永久抹消登録にあたる解体返納の二つの手続きのうち、どちらの手続きをするのかを決めます。
このうち、解体返納の場合は、廃車買取業を行っている解体業者に解体を依頼をすることで車を売却することが出来るので、ただ処分するよりもお得な場合があります。
どちらの手続きをするのかを決めた後は、まず車を解体したのち、車検証、前後のナンバープレート、認印、解体返納の場合は、これに解体業者が発行する解体証明書を揃えて、管轄の軽自動車検査協会へ行き、窓口で申請書と必要書類を提出すれば完了です。
また解体返納の場合は、車検の有効期間が残っていれば重量税の還付が受けられますので、手続きと同時にその申請も忘れずに行うようにしましょう。
以上の流れを知っておけば、軽自動車の廃車手続きで失敗することはないはずです。